イバラッパー feat.自己批判ショー「ここが古河」

関東のド・マンナカ、茨城県の西の端にある古河市を紹介するご当地ラップ。
東京に近いばっかりに若者が都会へ向かってしまう、郊外都市ならではのジレンマを抱えながらも、けっして東京に埋没することなく、万葉の昔から独自の文化を築いてきた古河市。
茨城弁と標準語を自在にあやつるご当地バイリンガルラッパー「イバラッパー」と、地元のコント劇団「自己批判ショー」ががっちりタッグを組み、「田舎あるある」や自虐ネタなどのユーモアを交えつつ、あふれんばかりの古河愛を高らかにラップする。
市民にはおなじみの名所・名物から、知られざるトリビアまで、5分の動画でわかってしまう古河の魅力!さあ、みなさん古河にいらっしゃい。
ただし、新幹線は通ってるけど止まらないから気をつけようね(笑)。